放っておくと大変な雨漏り

category01

雨漏りは放っておくと家にも家族にも大変なダメージを与えてしまいます。



まだそんなに深刻な状態ではないからとそのままにしておかずに、迅速な対応を取りましょう。

雨漏り大阪の情報なら当サイトにお任せ下さい。

雨漏りは屋根瓦がずれたり割れたりして、その下に敷いてある防水シートがその機能を果たさなくなり、屋根下地材から雨水が侵入してしまったり、外壁のクラックや窓との接合部分の防水コーキングが経年劣化などでひび割れ、そこから水が入り込むと言ったケースなど様々です。

あなたが探していたロケットニュース24の特徴をご紹介するサイトです。

天井から雨水がポタポタ落ちてくるような状態は、すでに深刻な状態と言えるでしょう。

なぜなら侵入口から浸み込んだ水は、柱や梁、壁などを伝って流れていきます。水の量が少量であれば流れている間に木材に吸収されたり室内の温度で乾いたりしますが、ポタポタ落ちてくるようであれば、すでに以前からある程度の量の水が入り込み、飽和状態になっているという事になるからです。
水がしたたり落ちるようになる以前から侵入しているのであれば、木材は湿気を帯びて腐りやすくなっていると言えますし、暗く湿気ている所はカビが繁殖しやすいのでアレルギーや喘息の原因にもなりかねません。

雨漏りは、少しでも天井や壁にシミができていればすぐに対処し、できればそうなる前に時々点検する事をお勧めします。
新築でも10年前後が経年劣化の目安になるので一度点検し、それ以外は3〜5年ごとに確認すると良いでしょう。

大切な家と家族を守るためにもぜひ覚えておきましょう。

生活の話

category02

雨漏りは天井からポタポタ落ちてくると言ったイメージがほとんどだと思いますが、そうなっていると雨漏りがかなり進行している状態と言えます。侵入してきた雨水は必ずどこかを経由して天井に達しているわけなので、ポタポタと落ちてくる頃には雨水の通り道になっている柱や梁や壁などもすでに雨水が流れ、濡れているという事になります。...

subpage

生活の秘訣

category02

雨漏りの原因の代表的なものは、やはり建物の老朽化ですが、時には新築したばかりなのに雨漏りが発生することもあります。建てて間もないのに漏る場合は窓や喚起口などの防水処理がしっかり行われていない事が考えられます。...

subpage

読めば解る

category03

雨漏りは住宅が古くなってくると起きてしまうものと考えている人は多いものですが、その殆どは外的な要因で発生しているものです。そしてその外的要因で最も大きな物が自然災害で発生している物であり、殆どが保険で修理する事が可能である人を知っている人は少ないものです。...

subpage

生活関係の情報

category04

雨漏りの原因で多いのは、降雪などが影響して屋根に通常以上の負担がかかり、それによってひび割れなどの症状を引き起こすことです。1m以上の降雪を記録する地域では、屋根の上に1m以上も降り積もることも多いですが、それが降り積もるとまとまった重さがかかります。...

subpage